たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

肩こりに気温の差が関係!? [豊中市 服部天神駅 たやま整骨院]

2018年03月17日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

三月に入り、中旬を過ぎようとしていますが、やっぱりまだまだ春らしい気候にはなりきれませんね。
朝夕は肌寒くなります。
それでも日中は幾らか春らしい暖かさや日差しが続くようになってきましたね。
春になると花粉症で悩む方が多いですが、悩まない方も当然いらっしゃいます。
人それぞれだとは思いますが、春になるとほとんどの方が一度は経験したことがあると思います。
なんだか、ぼーっとしたり眠たくなったりしませんか?

花粉症や鼻炎持ちの方ならまだ分かります。
薬の副作用や鼻が詰まってスムーズに息が出来ないなど、頭がぼんやりする原因があります。

鼻炎持ちでも花粉症でも、はたまた夜更かしをしたわけでもないのに・・・

もしかすると、肩こりが原因であるかもしれません。

実は、眠気と肩こりにはとても深い因果関係があったのです。
脳に誤作動が起きてしまい、ドーパミンが過剰に分泌されてしまい、そうすると私たちの筋肉は緊張状態に陥ってしまうのです。
筋肉が緊張状態になってしまえば、固まってしまいコリが出来てしまいます。
結果、肩こりに繋がります。
肩周りに滞りが出来てしまうと、脳はなかなかリラックスすることが出来ません。
身体のバランスが崩れ、ドーパミンの過剰分泌が起きてしまい、肩こりが悪化、脳は更にリラックスしにくくなる、睡眠がとれないと疲労も溜まり肩こりが悪化する要素は増えるばかりです。
さらに肩こりが悪化すれば痛みで眠れなくなることも考えられます。

そうならないためにも、日頃から身体のコリや痛み、違和感を感じる部分には早めの対処が必要です。
肩こりに心当たりがない方は予防のためにも整体やマッサージでコリや疲れをその都度解消させることがおすすめです。
肩こりが既にある方は悪化させないように、整体やマッサージはもちろん、出来る範囲でいいので私生活でもストレッチやケアを心がけることをおすすめします。

なぜ肩こりにここまで言うのかというと・・・
皆さん、肩こりだからと言って、周りの人に揉んでもらって満足したり、職業柄仕方ない・・・と言って放置したり、ついつい甘く見ていませんか?

肩こりは悪化すれば、眠れなくなるほどの痛みになったり、腕が上がらなくなったりします。
更には頭痛やめまいも当たり前になってきます。
そして春は肩こりで悩む方が多くなる時期でもあるのです。
原因としては気温差です。
血行不良により肩こりが出来てしまいます。
血行不良になるということは脳にも血流が行き届きにくくなります。
そうすれば身体のバランスも崩れてしまうということなのです。

たやま骨院には、全身整体はもちろん肩こりに特化した施術もご用意しております。

肩こり・四十肩・五十肩

心当たりのある方は一度ご相談にお越しくださいませ。
皆様のご来院を心よりお待ちしております。
たやま整骨院
〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

冬は腰痛になりやすい!?[豊中市 服部天神駅 たやま整骨院] 

2018年03月12日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

3月に突入して、本年度もラストですね。
そして全国的に春一番もふいて地域によっては春二番が吹き荒れ、少し天気も荒れ模様が続いてます。

春二番って、今まで聞いたことがありませんでしたが、テレビの番組の天気予報コーナーでチラッと耳にして初めて知りました。

と言っても、元々は存在しない言葉のようです。

そもそも「春一番」とは、立春から春分の間でその年に初めて吹く南寄りの強い風のことで、漁師さんたちが春に漁に出る際に強い風に注意をするようにと言われてきたことが始まりなんだそうです。

寒さも弱まり、暖かくなる一方です。
しかし、今の時期が難しいところで、暖かいのに家の中って少し肌寒くはありませんか?
エアコンで暖房を付けるほどではないけど、コタツに足を入れたくなる、または入れるくせがついてしまっているのではないでしょうか?
夜なんかはまだまだ春のように暖かいわけではなく、冬の寒さが残っているので、余計コタツでぬくぬくして、そのまま気がつけば転た寝・・・あるいは朝になっていた!なんてありがちかと思います。

でも、コタツで寝ればあまり疲れは取れてないし、起きた時に身体がバキバキだし、サイコー!とは言えません。むしろサイアク・・・な体調ではありませんか?
サイコー!と言えるのは、コタツに潜り込んでいる時のみです。

そうとは分かっていてもなかなか止められないですよね。
では、具体的にどうしてダメなのか?

箇条書きで挙げてみます。
・温度差
・疲れとれない
・腰痛の原因、悪化

まず、温度差というのは足元はコタツの熱で温まり、肩などの上半身は常温です。むしろ寒いくらいです。

その状況に問題があり、さらに足だけ異様な温まり方をしてしまいます。
そうすると足汗をかき、冷えの原因となるのです。
冷え性の原因だけではなく、汗だくにはならないにしても、体温より高い温度の中に入っている状態が続いて水分不足陥ります。
それにより、脱水症状や便秘の原因にもなるのです。

また、疲れがとれないということも何となく分かるかと思いますが、寝返りが上手く打てなかったり、布団で寝るのとは違い床で雑魚寝しているのに近い状態なので筋肉や関節に負担もかかったりします。
これらのように様々な悪影響がありますが、一番はやはり「腰痛の原因・悪化」です。
身動きも取りずらい、床で雑魚寝しているのに近い状態、うつ伏せなんかで寝てしまっていたら腰が反ってしまい反り腰の原因にもなります。
いずれにせよ、骨盤の歪みの原因になり、姿勢が悪くなり腰への負担が増えるのです。
しかし、やってしまったことは仕方がない・・・
寝てしまったら、誰かに起こしてもらうかアラームがなるか、余程の寝づらさで目が覚めるなどしないと起き上がるということは難しいですよね。
では、皆さんはしっかりケアされていますか?

たやま整骨院には腰痛に特化した施術メニューがございます。

腰痛


こたつで寝てしまう日が続いてしまい腰が痛い・・・
痛みはまだないが心当たりが・・・

もちろん、コタツで寝るという習慣がない方も腰痛にお悩みの方はぜひ、当院へご相談くださいませ。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。
たやま整骨院
〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

 

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890