たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

この季節と体調の関係

2019年11月6日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

今年もいよいよ10月も下旬に近づき、例のイベントに近づいて参りました・・・
ハロウィンイベントです。
今年こそは日本列島は平和であることを願います。

ラグビーや野球と、つい先日までスポーツでかなり日本中が熱くなりました。
特にラグビーは先週の発する言葉やSNSでの投稿記事などもワイドショーでは取り上げられていました。
選手たちの信じる強さや自信を持って胸を張って試合に挑む姿に心打たれました。
4年前のように南アフリカに勝つことを夢見ていましたが、南アフリカも簡単には通してくれませんでした。
そんな南アフリカでは日本で言う桜に値する「ジャカランダ」が見頃の時期なんだそうです。
南アフリカは南半球に位置するため、ちょうど今が春です。長袖シャツ一枚で過ごせるくらいの気温なんだそうです。
実は「世界三大花木」とも呼ばれている紫色の花、ジャカランダが咲き誇り、観光客で賑わっているようです。
地球の反対側では春真っ盛りでとても過ごしやすい季節だと言うのに、日本は例年に増して過ごしにくい気候です。
そう考えると、南アフリカだけでなく日本に来て海外の選手たちがプレーするというのはとても過酷なものであったのだと思います。
特に今回は悪天候な日も続きました。
日本に住んでいる私達でさえも、結構身体には負担ですよね。
季節の変わり目と言えば、何かと不調に陥りやすい時期です。

例えば腰痛です。
元々腰を悪くされている方々は尚のこと辛いかと思います。
気温や湿度の変動も大きく、なかなか安定しません。骨盤や筋肉にも大きく影響し、変化もしてきます。身体が硬いままだったり歪みがある状態だったりすると、上手く変化に対応しきれず痛みなどが出やすくなります。
特に腰回りというのは体の中心でもあり、毎日必ず動いたり軸にしてバランスをとったりと無くてはならない存在です。
歪みやズレを解消し、本来あるべき姿と位置に戻して正しい姿勢を保つことで腰痛はもちろん、様々や箇所の負担を減らすことが出来ます。

たやま整骨院には腰痛のご相談も承ります。

腰痛


全身整体や足つぼなどもありますが、腰痛でお困りの方や歪みが心配な方はまずは腰回りのメンテナンスから始めてみませんか?

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

たやま整骨院

コタツと腰痛

2019年03月14日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

3月に突入して、本年度もラストですね。
そして全国的に春一番もふいて地域によっては春二番が吹き荒れ、少し天気も荒れ模様が続いてます。

春二番って、今まで聞いたことがありませんでしたが、テレビの番組の天気予報コーナーでチラッと耳にして初めて知りました。

と言っても、元々は存在しない言葉のようです。

そもそも「春一番」とは、立春から春分の間でその年に初めて吹く南寄りの強い風のことで、漁師さんたちが春に漁に出る際に強い風に注意をするようにと言われてきたことが始まりなんだそうです。

寒さも弱まり、暖かくなる一方です。
しかし、今の時期が難しいところで、暖かいのに家の中って少し肌寒くはありませんか?
エアコンで暖房を付けるほどではないけど、コタツに足を入れたくなる、または入れるくせがついてしまっているのではないでしょうか?
夜なんかはまだまだ春のように暖かいわけではなく、冬の寒さが残っているので、余計コタツでぬくぬくして、そのまま気がつけば転た寝・・・あるいは朝になっていた!なんてありがちかと思います。

でも、コタツで寝ればあまり疲れは取れてないし、起きた時に身体がバキバキだし、サイコー!とは言えません。むしろサイアク・・・な体調ではありませんか?
サイコー!と言えるのは、コタツに潜り込んでいる時のみです。

そうとは分かっていてもなかなか止められないですよね。
では、具体的にどうしてダメなのか?

箇条書きで挙げてみます。
・温度差
・疲れとれない
・腰痛の原因、悪化

まず、温度差というのは足元はコタツの熱で温まり、肩などの上半身は常温です。むしろ寒いくらいです。

その状況に問題があり、さらに足だけ異様な温まり方をしてしまいます。
そうすると足汗をかき、冷えの原因となるのです。
冷え性の原因だけではなく、汗だくにはならないにしても、体温より高い温度の中に入っている状態が続いて水分不足陥ります。
それにより、脱水症状や便秘の原因にもなるのです。

また、疲れがとれないということも何となく分かるかと思いますが、寝返りが上手く打てなかったり、布団で寝るのとは違い床で雑魚寝しているのに近い状態なので筋肉や関節に負担もかかったりします。
これらのように様々な悪影響がありますが、一番はやはり「腰痛の原因・悪化」です。
身動きも取りずらい、床で雑魚寝しているのに近い状態、うつ伏せなんかで寝てしまっていたら腰が反ってしまい反り腰の原因にもなります。
いずれにせよ、骨盤の歪みの原因になり、姿勢が悪くなり腰への負担が増えるのです。
しかし、やってしまったことは仕方がない・・・
寝てしまったら、誰かに起こしてもらうかアラームがなるか、余程の寝づらさで目が覚めるなどしないと起き上がるということは難しいですよね。
では、皆さんはしっかりケアされていますか?

たやま整骨院には腰痛に特化した施術メニューがございます。

腰痛


こたつで寝てしまう日が続いてしまい腰が痛い・・・
痛みはまだないが心当たりが・・・

もちろん、コタツで寝るという習慣がない方も腰痛にお悩みの方はぜひ、当院へご相談ください。

 

たやま整骨院 (豊中で日・祝も開いている整骨院)

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

 

冬は腰痛になりやすい!?[豊中市 服部天神駅 たやま整骨院] 

2018年03月12日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

3月に突入して、本年度もラストですね。
そして全国的に春一番もふいて地域によっては春二番が吹き荒れ、少し天気も荒れ模様が続いてます。

春二番って、今まで聞いたことがありませんでしたが、テレビの番組の天気予報コーナーでチラッと耳にして初めて知りました。

と言っても、元々は存在しない言葉のようです。

そもそも「春一番」とは、立春から春分の間でその年に初めて吹く南寄りの強い風のことで、漁師さんたちが春に漁に出る際に強い風に注意をするようにと言われてきたことが始まりなんだそうです。

寒さも弱まり、暖かくなる一方です。
しかし、今の時期が難しいところで、暖かいのに家の中って少し肌寒くはありませんか?
エアコンで暖房を付けるほどではないけど、コタツに足を入れたくなる、または入れるくせがついてしまっているのではないでしょうか?
夜なんかはまだまだ春のように暖かいわけではなく、冬の寒さが残っているので、余計コタツでぬくぬくして、そのまま気がつけば転た寝・・・あるいは朝になっていた!なんてありがちかと思います。

でも、コタツで寝ればあまり疲れは取れてないし、起きた時に身体がバキバキだし、サイコー!とは言えません。むしろサイアク・・・な体調ではありませんか?
サイコー!と言えるのは、コタツに潜り込んでいる時のみです。

そうとは分かっていてもなかなか止められないですよね。
では、具体的にどうしてダメなのか?

箇条書きで挙げてみます。
・温度差
・疲れとれない
・腰痛の原因、悪化

まず、温度差というのは足元はコタツの熱で温まり、肩などの上半身は常温です。むしろ寒いくらいです。

その状況に問題があり、さらに足だけ異様な温まり方をしてしまいます。
そうすると足汗をかき、冷えの原因となるのです。
冷え性の原因だけではなく、汗だくにはならないにしても、体温より高い温度の中に入っている状態が続いて水分不足陥ります。
それにより、脱水症状や便秘の原因にもなるのです。

また、疲れがとれないということも何となく分かるかと思いますが、寝返りが上手く打てなかったり、布団で寝るのとは違い床で雑魚寝しているのに近い状態なので筋肉や関節に負担もかかったりします。
これらのように様々な悪影響がありますが、一番はやはり「腰痛の原因・悪化」です。
身動きも取りずらい、床で雑魚寝しているのに近い状態、うつ伏せなんかで寝てしまっていたら腰が反ってしまい反り腰の原因にもなります。
いずれにせよ、骨盤の歪みの原因になり、姿勢が悪くなり腰への負担が増えるのです。
しかし、やってしまったことは仕方がない・・・
寝てしまったら、誰かに起こしてもらうかアラームがなるか、余程の寝づらさで目が覚めるなどしないと起き上がるということは難しいですよね。
では、皆さんはしっかりケアされていますか?

たやま整骨院には腰痛に特化した施術メニューがございます。

腰痛


こたつで寝てしまう日が続いてしまい腰が痛い・・・
痛みはまだないが心当たりが・・・

もちろん、コタツで寝るという習慣がない方も腰痛にお悩みの方はぜひ、当院へご相談くださいませ。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。
たやま整骨院
〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

 

ギックリ腰にご注意ください [豊中市 服部天神駅 たやま整骨院]

2017年12月27日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

クリスマスも終わり、いよいよお正月です。
今年はホワイト・クリスマスとはいきませんでしたが、どこに行っても飾り付けやイルミネーションがとてもキレイでした。
インスタ映えするものばかりでした。
(流行語大賞にも選ばれましたね)
そして、インスタ映えするクリスマスパーティやプレゼントもたくさんあったのではないでしょうか?

楽しいクリスマスが終わったのは、祭りのあとという感じがとてもします。

しかし、ここで終わりではありません。

年末年始に向けての大掃除が待っています!

三賀日にはお掃除や家事をすることはあまり良くないとされており、だから年末にバタバタと大掃除をして気持ち良く年を越し新年を迎えるようにします。

普段だと手の届かないところや目を背けているところを掃除しましょう。

そしてやってしまいがちなのが「ぎっくり腰」です。
そもそもぎっくり腰とは、急性腰痛症というもので、関節捻挫、筋肉の損傷、筋膜性炎症などが原因で引き起こされます。
分かりやすくいうと、普段とは違う動きや重さをいきなり抱えて腰に負担がかかってしまうのです。
運動不足の方も要注意です。

張り切って脚立に登ったり、重たい荷物を上の棚に上げたり、思い切って模様替えをしよう!と思い立って家具を抱えたり・・・

何かの拍子に、ギクッとやってしまいがちです。

新年を気持ち良く迎えようと、良かれと思ってやっているのに、ぎっくり腰なんてしてしまうと台無しになってしまいます。

普段から腰痛に悩まされている方は特に注意が必要です。

また、いつもの腰痛だから・・・と甘く見ていませんか?

ぎっくり腰にならなくとも、腰痛が酷くなると歩くことが困難になったり痺れが出てきたりと、やはり良いことはありません。

たやま整骨院で腰痛の施術・ケアをしてみてはいかがでしょうか?

腰痛


ぎっくり腰は早い方で1度の治療で動けるまでに回復することが出来ます。
また、ぎっくり腰をしてしまう前に慢性的な腰痛に悩まされている方は年内にある程度の腰痛ケアをして、安心して年末年始の準備にとりかかり、新年を快適に過ごしましょう。

皆様のご来院を心よりお待ちしております。

たやま整骨院
〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

雷記念日

2017年07月1日

こんにちは。
豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から降りて徒歩3分の場所にあります。

当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

皆さん、「雷記念日」という日が存在することをご存知ですか?
6月26日がその雷記念日だそうです。
また、6月26日は露天風呂の日とも言われているようです。
こちらに関しては単純に語呂合わせで出来たようです。
雷記念日というのは、清涼殿に落雷し、大納言藤原清貴が即死したということからこのような記念日が出来たようです。

現在、沖縄は梅雨明けをしましたが、まだまだこちらは梅雨明けではありません。
そうでなくても、夏は台風や大雨が多い季節でもあるので落雷には十分、注意が必要です。

落雷ももちろん怖いのですが、大きな雷が近場でなった時の地響きすらも感じてしまうドスの効いたあの音に毎度のこと驚かされてしまいます。

目の前が勢いよく、ピカッと光りでもすると、思わず腰を抜かしてしまいそうな時すらあります。
そして自分の身に落雷していたら・・・と考えただけでもヒヤッとします。

皆さんはそんな経験はございませんか?

「腰を抜かす」ってなかなかないことですよね。
よく漫画やアニメなどではありがちですが、実際に本当に起こることなの?と半信半疑な方もいるかと思います。
実際に本当にあることなのです!

そしてそれは意外にもまたまた自律神経が関係しているのです。
怖かったりビックリしたりすると、交感神経が働き、血管が収縮して血流が悪くなります。
すると、背中の脊柱起立筋に力が入らなくなり、腰にも力が入らず崩れこんでしまうということです。

なので自律神経が安定すればすぐに治るのです。

しかし、厄介なのが驚いた拍子にぎっくり腰になってしまうというケースです。

これは高齢者の方にケースです。
高齢の方は腰が曲がりがちです。そして曲がってる状態からビックリすることにより体を反射的に反らせてしまうことで、グキッとやってしまうのです。

もちろん、高齢者の方に多いケースだとは言え、その時の体勢によれば若い方でも起こりうることです。

そして二つ目の厄介なポイントは、ぎっくり腰は一度なると次も有りうるということです。
クセになると気が気ではありません。

たやま整骨院では、ぎっくり腰の方のケアも行っております。

腰痛

腰を悪くすると最悪、足へのしびれに及ぶことだってあります。
生活にも支障が出てきます。

既にお悩みの方は、まずはご相談ください。

たやま整骨院へのご来院、心よりお待ちしております。

たやま整骨院
〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 06-4980-3187

運動不足と筋肉のこわばり

2017年02月23日

こんにちは。
豊中市のたやま整骨院です。
当院は、阪急服部天神駅から降りて歩けばすぐにつく場所にあり、曽根からも近くの場所にあります。

当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、整体・マッサージを行っています。

皆さん、もうすぐ3月です。
桃の節句ですね。雛人形を出す準備をされている方もいるかもしれません。

しかも、気温も温かい春のような日もあり、春ももうすぐです。
しかし、まだまだ夜は冬の寒さが感じられます。
寒暖の差が大きいので、体調を崩す方も多いのではないでしょうか。

体温調節が難しい日々が続きますが、体調管理だけは怠れません。

そしてついつい寒いと何もしたくなくなって、温かい部屋でじっと過ごしがちです。

動き出すの体が温かくなってきて、調子が出てくるのですが、その行動を起こすまでが億劫になります。

そこで、皆さんは運動不足になってはいませんか?

運動不足によって身体の不調が出てくることはご存知かと思います。

タダでさえ寒くて身体を冷え、筋肉がかたまりやすくなっているのに、身体を動かさずにいると更に悪化します。

筋肉か強ばり、痛みが出てくると余計動きたくなくなりますよね。
そうなる前に、ちょっと勇気を振り絞ってぜひ積極的に体を動かしてほしいです。

しかし、普段あまり運動をしない方が急激に体を動かすと逆に筋肉がこわばってしまうことがあります。
無理をしない程度に、上手に私生活の行動の中に運動不足解消を意識した動きを取り入れるといいかもしれません。

また、冬の間は背中をこわばらせてしまう方が多くみられます。
背中は冷えやすく、また無理な姿勢を長時間とってしまうことで血流が悪くなり張ってしまうことも考えられます。

悪化してしまった場合は、「ギックリ背中」になることもあります。
ギックリ腰の背中バージョンです。
普段は痛みはなく、ダルいとか違和感とかを感じる方も、ある日いきなり激痛に襲われることもあります。

無理のない正しい姿勢を意識して、自分の私生活にあった運動を意識して動いて予防しましょう。

また、当院では全身整体施術がございます。

全身整体・足つぼ

既に体の筋肉の張りが気になる方や、背中の痛みが感じられる方は、いつでもご相談ください。

もちろん、普段の仕事や家事で疲れがなかなか取れずにお困りの方や慢性的な腰痛・肩こりなど、執拗いコリに悩まされている方もご相談ください。

ご来院、心よりお待ちしております。

たやま整骨院

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5−25

電話番号 06-4980-3187

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890