たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

体のコリと水分不足

2021年11月18日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

気温の変化が激しい今日この頃です。
世間ではコロナウイルス感染の話題は段々と薄れてきましたが、毎年恒例のインフルエンザの予防接種がチラホラ会話でも話題に上がり出す時期となりました。

コロナウイルスのワクチン摂取も一通り完了し油断していると今度はインフルエンザやノロウイルスなど今まで通りのウイルスの脅威を思い出し引き続き感染予防・対策は必須です。

「免疫力アップ」や「跳ね返す力」など様々なフレーズが飛び交って様々な健康グッズやサプリメントなどが販売されていますが、それらを手に入れて服用すれば大丈夫!というわけではもちろんありません。
各々で生活習慣を見直したり、手洗いうがい・消毒の徹底や体質の見直しなどが重要です。
中でも今の時期に最も意識していてほしいのが「水分補給」です。
意外と皆さんは「脱水症状」になっていたり、或いはなりかけていたりしている方がほとんどです。
「喉が乾いた」と思い立って急いで水分補給をしたとしても、「喉が乾いた」と感じて初めて飲み物を手に取ってももうそれは脱水症状に片足突っ込んでいるのと同然なのです。
脱水症状というと、夏や猛暑日になるものだとか、気分を悪くしたりふらついたり、もしくは倒れてしまうとかを想像しがちです。

実はこの乾燥が激しい時期や季節の変わり目の時期には知らず知らずのうちに脱水症状を起こしてしまいがちなのです。
例えば、今の時期になると暖かい時期に比べて足がよくつる方っていませんか?
実はこれも水分が足りていないという立派なサインなのです。

「こむら返り」とも呼ばれる症状ですが、痛みとともに筋肉が収縮して痙攣してしまう状態ですが、とても痛くてつらいですよね。
原因は様々で筋肉の疲労や冷え、そのほか腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などがあると、神経の圧迫により足の筋肉の収縮弛緩が行いにくくなる為つりやすくなることが挙げられます。

そして、「栄養・水分不足」も大きく関係があります。

筋肉の作用には血液の循環をスムーズにする水分と筋肉の収縮と弛緩に作用する栄養素が必要です。水分不足で、ミネラルが不足すると足がつりやすくなってしまうのです。
また糖尿病や甲状腺・腎臓の病気など神経や血管、体の水分に影響を与える疾患をお持ちの方は体質的につりやすくなります。
そのようなことからよくミネラルウォーター、イオン水などをオススメするお医者さんも多くいらっしゃいます。

こむら返りにしても、そのほか体のコリにしても、水分不足というのは様々な症状の原因になるのです。
喉が乾いた、と思ってしまう前に日頃からこまめに水分補給を意識して、寝てる間につってしまわないように筋肉をストレッチして伸び縮みさせておきましょう。

たやま整骨院では、どなたでもお気軽にお試しいただける整体マッサージがございます。

全身整体・足つぼ

日々の疲れをリセットしたい方やもともと肩首のコリ、腰痛などでお悩みの方々はもちろん、こむら返りで夜中に目が覚めてしまう方、お悩みの方もぜひお試しください。

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

たやま整骨院

 

 

記事一覧を見る ≫

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890