たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

季節の変わり目と体調

2021年10月14日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

こんにちは。
やっと、最高気温が夏よりは下回ってきました。
そろそろ過ごしやすい季節に差し掛かったのではないか?
あるいは、もうすぐかな?という感じですね。

季節の変わり目と私たちの身体は大きく関係しています。
なので今の時期に(花粉症とは別に)必ず副鼻腔炎を起こしていたり、肩こりや腰痛など悩みやすくなったりしている方が多いことかと思います。

今年はまた一段と気温の寒暖差が激しく、今年はインフルエンザも流行しそうだと密かに囁かれています。
コロナウイルスの影響もあり、インフルエンザの陰がとても薄くなりました。
咳ひとつするのにもとても周りの目を気にするようになりましたよね。

何とか、季節の変わり目と上手に付き合って快適に乗り切りたいところです。

実は秋のちょうど今の時期は、身体が夏仕様から冬仕様へと切り替えられている時期です。
暦的にも、10月20日から11月6日までが土用期間となっています。
土用は年に4回あり、雑節と呼ばれる、季節の移り変わりをより的確につかむために設けられた期間なのです。

秋土用を控えたちょうど今の時期、私たちの体もちょうど夏から冬に向けての準備が着々と進んでいるというわけです。

ここで注目して欲しいのが「骨盤」です。
季節の変わり目と言うと、気温の変化が激しく「自律神経を整える」ということに注目されがちなんですが、骨盤も大きく関係しています。

骨盤と言うと、開くとか閉じるとか、それによって太りやすいとか痩せ体質だとか、よく耳にするかと思います。

しかし、開くとか閉じるとか、単純に私たちの体型に直結しているのではなく、体調を整えることにも大きく影響します。
骨盤は温かくなる春から夏にかけては代謝を良くするために開いていこうとしますが、寒くなっていく秋から冬にかけては、温かい季節に開いた骨盤を今度は徐々に閉じていこうとします。

代謝というのは年中大切なものではありますが、夏ほどの代謝はこれからの時期には必要ないですよね。
それよりも、寒さをしのぐという機能が必要となってきます。
骨盤を閉じていくことで冬の寒さから体を守るために体内にエネルギーを溜め込んで冬支度を整えていきます。

ただ、骨盤が歪んでいたり、閉じにくいクセのある姿勢だと、このそもそも私たちの体に備わった機能が上手く発動しません。
一旦は体の歪みや骨盤のねじれ・歪み・傾きをリセットする必要があるのです。

たやま整骨院では骨盤矯正の施術も承ります。

骨盤矯正・小尻矯正

サイト内での比較写真や動画でも紹介していますので、ぜひご参考にまでにご覧いただければと思います。

快適な冬の暮らしに向けて、体も冬支度をしましょう。

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

たやま整骨院

記事一覧を見る ≫

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890