たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

首のこりと眼精疲労の関係

2021年01月13日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

新年の挨拶が遅れましたが、あけましておめでとうございます。
とうとうコロナウイルス感染は2020年までに収まりきれませんでした。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?
例年通りのお正月が懐かしく感じます。
去年の今頃はまだ何も感染の騒動は起きていませんでした。
こんなにも日常が一変するとは思ってもみませんでした。
今後、どうなるかは誰もわかりません。
とりあえず今できることやマナーをしっかり守って家族や周囲の人々のためにも安全に暮らすほかありません。

おうち時間が増えたこともあり、
私たちはいよいよネットなしでの生活は考えられないようにもなりました。

そこで一番に考えられるのが「眼精疲労」です。
目の疲れにより頭痛を引き起こしたり、首のこりへとつながったりします。
ちょうど頭蓋骨と首の付け根辺りにある部分の後頭下筋へと負担がかかります。
過緊張した状態が続くと首まわりのリンパの流れが悪くなり、血行不良につながります。
そうすると、さらに肩こりや姿勢が悪くなり猫背になったりと腰痛の原因へと発展してしまいます。

最近ではスマートフォンでストレートネックになってしまう人も多いので、悪化はますます加速してしまいます。
たやま整骨院では、頭痛・寝違えでお悩みの方々のための施術メニューをご用意しております。

頭痛・寝違え

頭痛持ち・偏頭痛が普段から頻繁に起きる方は年々増えているかと思います。
我慢できない痛みではないにしても、毎日のように頭痛に悩まされるというのはとても辛いですよね。
頻繁に鎮痛剤を飲んだり、手放せずにいる方も多いのではないでしょうか?
出来れば鎮痛剤がなくても平気な生活が好ましいかと思います。
お客様ひとりとひとりにあった施術を行いますので、お悩みの方はぜひご相談くださいませ。
今すぐに、スパッと鎮痛剤を手放すというのは難しいと思いますので、姿勢を正しくして後頭下筋や首まわりの緊張を解して、徐々に鎮痛剤から離れるようにしていきましょう。
一緒に頭痛や首のこりから解放された生活を目指して頑張りましょう!

去年はたくさんのご来院、誠にありがとうございました。
2021年もどうぞよろしくお願い致します。
今年も皆様にとって素敵な一年となりますように。

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

たやま整骨院

記事一覧を見る ≫

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890