たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

車の運転と自己責任

2019年08月19日

こんにちは、豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から徒歩4分の場所にあり「100円ショップ フレッツ」のすぐ近くの服部阪急商店街にあります。
当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

8月と言えば、日本は広島と長崎に原爆を落とされた日や終戦記念日、そして亡くなった人々を迎え入れるお盆と上旬~中旬にかけてに立て続けにあります。
70年以上、戦争は起こさず暮らしています。
反対に言うと、70年以上ともなればほとんどの人々が戦争を知らずに暮らしています。
戦争を体験し、それを伝えてきた人々も70年以上も月日が経てばどんどん減っていきます。
戦争を体験し知っている人々年々絶滅してきています。ではもし完全にいなくなってしまった
ら、本当に私たちは戦争を何も知らない状態になってしまいます。
世界ではどこかしらで今も戦争が起きています。苦しくて悲しい気持ちを抱えている人々から、決して裕福な暮らしではないのにひたむきに前を向いて真っ直ぐ生きている人々もいます。
私たちはもう何十年と快適に過ごしてきて、事故や病死、老衰はさておき、戦争で命を落としたり大切な人を亡くしてしまうということはなかなかありません。
これはとても幸せな事なのですが、その反面それがどれほど幸せなことなのか忘れています。当たり前と思っています。
戦争がない時代であるのに、悲しいことに人を簡単に殺したり、殺意はなくとも命を奪うことをしてしまいます。
それは飲酒運転も含まれます。
自分は大丈夫、これくらいなら手元は狂わない、などなど・・・
もし自分が人の命を奪ってしまったら?ということを想像してみましょう。
何も悪くない、いつも通り過ごしていた人の命を前触れもなくいきなり消してしまうということがどれほど残酷なのか。
そう考えると飲酒運転や危険運転をするということは、原爆と変わりないことなのかもしれません。
日本と海外では少なからず揉め事は起きていますが今は辛うじて平和に暮らせています。せっかく平和に暮らしているのだし、同じ国民同士で自分の自己中心的な行動や不注意で他人の未来を奪うようなことはしないようにしましょう。
世間は楽しい夏休みです。
親戚同士や友達同士で集まったり、夏祭りに出かけたりする機会が多くなります。
飲んだら絶対にハンドルは握らない、握らせないということを心がけましょう。

たやま整骨院には交通事故に巻き込まれた場合の手引きをご紹介しています。

交通事故治療・むちうち


良かったら参考にしていただければと思います。
またムチウチなどの施術やリハビリのご相談も承っています。

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 090-9620-7890

たやま整骨院

記事一覧を見る ≫

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890