たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

雷記念日

2017年07月1日

こんにちは。
豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から降りて徒歩3分の場所にあります。

当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛み、その他のお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

皆さん、「雷記念日」という日が存在することをご存知ですか?
6月26日がその雷記念日だそうです。
また、6月26日は露天風呂の日とも言われているようです。
こちらに関しては単純に語呂合わせで出来たようです。
雷記念日というのは、清涼殿に落雷し、大納言藤原清貴が即死したということからこのような記念日が出来たようです。

現在、沖縄は梅雨明けをしましたが、まだまだこちらは梅雨明けではありません。
そうでなくても、夏は台風や大雨が多い季節でもあるので落雷には十分、注意が必要です。

落雷ももちろん怖いのですが、大きな雷が近場でなった時の地響きすらも感じてしまうドスの効いたあの音に毎度のこと驚かされてしまいます。

目の前が勢いよく、ピカッと光りでもすると、思わず腰を抜かしてしまいそうな時すらあります。
そして自分の身に落雷していたら・・・と考えただけでもヒヤッとします。

皆さんはそんな経験はございませんか?

「腰を抜かす」ってなかなかないことですよね。
よく漫画やアニメなどではありがちですが、実際に本当に起こることなの?と半信半疑な方もいるかと思います。
実際に本当にあることなのです!

そしてそれは意外にもまたまた自律神経が関係しているのです。
怖かったりビックリしたりすると、交感神経が働き、血管が収縮して血流が悪くなります。
すると、背中の脊柱起立筋に力が入らなくなり、腰にも力が入らず崩れこんでしまうということです。

なので自律神経が安定すればすぐに治るのです。

しかし、厄介なのが驚いた拍子にぎっくり腰になってしまうというケースです。

これは高齢者の方にケースです。
高齢の方は腰が曲がりがちです。そして曲がってる状態からビックリすることにより体を反射的に反らせてしまうことで、グキッとやってしまうのです。

もちろん、高齢者の方に多いケースだとは言え、その時の体勢によれば若い方でも起こりうることです。

そして二つ目の厄介なポイントは、ぎっくり腰は一度なると次も有りうるということです。
クセになると気が気ではありません。

たやま整骨院では、ぎっくり腰の方のケアも行っております。

腰痛

腰を悪くすると最悪、足へのしびれに及ぶことだってあります。
生活にも支障が出てきます。

既にお悩みの方は、まずはご相談ください。

たやま整骨院へのご来院、心よりお待ちしております。

たやま整骨院
〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
電話: 06-4980-3187

記事一覧を見る ≫

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890