たやま整骨院からのお知らせ・院長ブログ

交通事故治療・むち打ち治療について

2016年10月16日

こんにちは!
豊中市のたやま整骨院です。
当院は、服部天神駅から降りて歩けばすぐにつく場所にあります。

曽根からも徒歩圏内です。

当院では、腰痛やコリのお悩みはもちろん、交通事故をはじめとした、お客様のムチウチや身体の痛みなどのお悩みの解決のためのリハビリやストレッチ、マッサージを行っています。

交通事故にあってしまうとほとんどの人が引き起こすことが「むち打ち」です。

むち打ちというと、自動車の追突や衝突、急停車など、時にはスポーツなどで首がムチのようにしなったことで、身体が自分の意志とは別に前に行くのに対し、頭部は元の位置に置いたままなのでS時のような形になります。
それにより首に負担がかかってしまい起こる症状のことで、病名としては、頚椎捻挫や頸部挫傷、外傷性頸部症候群などと表記されます。
動画での分かりやすい説明はこちら
https://youtu.be/N-9rQa2iNrU
このように外傷病名として表記すると、しっかり受け止め改善する気になれるのですが、「むち打ち」というと、「首を痛めただけで済んだ」と簡単に考えてしまいがちです。

実際に手足は動くし、身体はどこも痛くない。強いていうなら首だけかな?などと思ってしまう人は少なくないのではないでしょうか。
むち打ちは寝違いなどとは全く違います。

寝違いは起きてすぐに気づくことが出来るのですが、むち打ちはすぐには現れません。
交通事故後、翌日にすぐ出るとは限らず時間を要して出てくるのです。人それぞれですが、数日後、数週間、人によっては数ヶ月後に出ることだってあります。
なので、どこも痛くないから大丈夫!という安易な考えがとても危険なのです。

まずはかかりつけの整骨院や病院にて相談をしておくことが最善とも言えます。

むち打ちは特殊な首の捻挫のようなものです。
首は頚椎があり、ここを負傷してしまうことで腕にも影響が出ることだってあります。
また、だるい、吐き気、めまいなども十分に有り得るのです。
これらのように首だけでなく、後遺症としての症状が挙げられます。
また、後遺症のことだけではありません。
万が一、数ヶ月後にむち打ちが発症した際には、賠償請求を行うのにトラブルだって起きかねません。
トラブルを避けるためにも、交通事故による症状だとはっきりさせる必要もあるので、どんなに身体に不快感かなくても1度は診察をしてもらい、事故当時の状況を忘れてしまう前に明確に話しておくことがとても大切です。

たやま整骨院では、交通事故によるむち打ち、その後遺症のケアや、後遺症を軽減させる施術やストレッチ、リハビリを行っています。

交通事故治療・むちうち

後遺症でお悩みの方、むち打ちでお悩みの方々、当院にお任せください。
一緒に悩みを解決しましょう。

たやま整骨院

〒561-0858 大阪府豊中市服部西町2丁目5−25

電話番号 06-4980-3187

記事一覧を見る ≫

お問い合わせはこちら

大阪府豊中市服部西町2丁目5-25
服部阪急商店街内 阪急「服部天神」駅スグ

豊中市・服部天神駅たやま整骨院の電話番号:090-9620-7890